Shop

2019年10月13日日曜日

【漕艇絵日記】チャーチボート「風神丸」回漕 2019.10.11 金 

漕艇絵日記

チャーチボート「風神丸」回漕

2019.10.11 0930~1630

ゆりのき橋(墨田区) 0930  
大森ふるさとの浜辺公園 1230-1400  24km
鶴見川漕艇場 1630  43km

消費熱量(シングルスカル換算)  3,300Cal



動画案内
地点  動画時刻
  • ゆりのき橋出発
  • 旧中川から小名木川へ 
  • 扇橋閘門 17'00頃
  • 小名木川から隅田川へ 26'00頃
  • 勝鬨橋 30'00頃
  • 築地市場跡 31'00頃
  • 観光船と出合い 33'00頃
  • 竹下、日の出、芝浦 各埠頭 36'00頃
  • 東京タワー 38'00分頃
  • レインボーブリッジ 44'00頃
  • 京浜運河 45'00頃
  • 大森ふるさとの浜辺公園 55'00頃
  • 交替要員やっと登場 59'00頃

漫漕派の満漕
  • 漫漕派は自分で思うところ、艇でたった2kmを競漕することに一生懸命ではなく、船を交通の手段として漕ぎ楽しむこと。
  • そんな私に所属するボートクラブのYさんからチャーチボートの回漕手伝いを募集していると、メールが入った。墨田区のゆりのき橋から鶴見川漕艇場迄、55kmの遠漕と聞いた。実際の航程は、実は44km。
  • やってみよう。これだけの距離を漕いだ経験は無い。しかし、自分試しと思い参加した。
  • 旧中川、小名木川、隅田川、東京港、大森ふるさとの浜辺海岸、京浜運河、鶴見川。レインボーブリッジを漕いでくぐる。なかなか他では経験できないことです。
  • 交替要員がなかなか到着せず、大森ふるさとの浜辺公園を出発するまで結構時間がかかった。
  • 天気は台風来襲の一日前にしては、好条件でした。まあ、雨には当たりましたが。
  • 44km完漕は私の漕艇日記の輝かしい一ページになりました。
  • 皆様、ありがとうございました。
  • チャーチボートは14人の漕ぎ手が必要名のに対し、本日は-2だったり、マイナス3だったりでした。
Over
1xer-novice


2019年10月12日土曜日

【遠漕日記】ゆりのき橋から鶴見川漕艇場 2019.10.11

2019.10.11金曜日 
チャーチボート「風神丸」回漕

東京墨田のゆりのき橋
鶴見川漕艇場
44km

航程は以下の地図です

途切れてますが


Over
1xer-novice

2019年10月9日水曜日

【日記】相模湖漕艇日記 2019.10.5 今日は特別夏時間

概要

2019.10.5 土曜日 晴れ 無風
離岸 0740 コース入 0750 コース出 0920
着岸 0925
1X  11km

詳細

  • 宮ヶ瀬湖土曜日漕ぐ会は、天竜川漕艇場巡りで実施されない筈だったが、漕艇場巡りに参加しないメンバーが宮ヶ瀬湖に集結した様だ。スカルデーでないので欠席。
  • 漕艇場巡りも、去年2018年の不愉快な思いをさせられたので、その時から不参加と決めた。鼾のこともありますし。
  • 10月に入ったので開場時間は冬時間と思いきや、今日は夏時間を知って、夏時間で来場。既に高校生の合宿は始まっていた。
  • 相模湖漕艇場の安全管理体制はしっかりしていて、シングルスカルの非支援練習(個人)に対しては無線機を貸し出す。無線機の数も当初の2倍以上に7台ある。
  • 貸出名簿を見たら、意外な人が平日にちょくちょく顔を出していることを知った。サラリーマンを辞めたのかな?
  • 今日は早かったので、コース内は10km程漕いだ。

Over
1xer-novice


2019年9月26日木曜日

【日記】相模湖漕艇日記 2019.9.23秋分の日 強風

概要

2019.9.23月(秋分の日)晴れ、強風、一時は湖面、兎飛ぶ
離岸 1400 コース入 1405 コース出 1520 着岸 1525
1X 9km

詳細


  • 先週に続き、一昨日の宮ヶ瀬湖、モーターボート専任でしたので漕げませんでした。詳細はこちら。それで本日の相模湖漕艇になりました。
  • 本日は高校新人戦が午前中にあり、午後からの予約を入れました。最初は15時からとしていましたが、午前中の用事が早く終わり13時からでも漕げそうなので早めました。
  • 午前中は風が有りませんでしたが、午後は一変して、強風。相模湖に着くと、湖面は兎が飛んでいました。
  • 艇を出すにも風強く、Y高の生徒さんに手伝って貰いました。
  • 艇を午に正置して、工具を取りに行ったら、艇の周りに生徒さん達が。先生が仰るには、艇が飛ばされて午から落ちていたとの事。正置きより逆置きの方が安定している様です。
  • 上空の雲の動きもひじょうに不安定。西から吹いたと思うと北から吹く。その加減か、湖面の風も強くなったり弱くなったりを繰り返す。
  • 職員のTさんからは今日はダメ、と二階の窓越しから言われる。
  • ここまで来てエルゴかと諦めかけましたが。
  • 風が弱くなったと思い、艇を担ぐと、また風が。艇を午に戻す。そんなことを3回繰り返しました。
  • 結局、出艇した。1時間程待機したでしょうか?
  • 職員さん達も、風が収まったのを、見計らって、審判用ポンツーンを片付ける作業にかかり、終えた。
  • 湖上の風は相模湖の特性か、コースに沿って吹く。西よりか東より。そう言う意味では、意外と怖くはない。
  • 宮ヶ瀬湖の北750mブイを中心とする500m 区間の航路は南北のコースに対して東よりの風で、これは本当にシングルスカルには怖い。
  • 何とか終わりまで漕ぎましたが、さて揚艇となると、丁度風が強くなってきた。
  • そこでY高の生徒さんに声を掛けて手伝って頂いた。
  • 今日は、最初から最後までY高の生徒さんに搬艇でお世話になりました。
  • Y高の生徒さん達、快く支援頂きまして、助かりました。ありがとうございました。
Over
1xer-novice 


2019年9月24日火曜日

【漕艇巡り】夫婦で楽しむ漕艇巡り

私の漕艇サイトは宮ヶ瀬湖、相模湖。いずれも神奈川県。

相模湖は真冬でもシングルスカル、支援体制が十分整っている為。
宮ヶ瀬湖ではシングルスカルシーズン中はシングルスカル、あとはクォドを楽しむ。

元々、競漕派ではない私、なぜ漕艇するの?と聞かれれば、60半ばを過ぎての体力維持。それでも衰えは感じる。
もう一つ言えば、同じ体力維持でも室内でエルゴするより、自然の中にとけ込む機会を持つことも、私には楽しい。特に宮ヶ瀬湖は最高です。

せめてこの自然を愛でる楽しさを共感して貰いたいと、
最近は、家内を手漕ぎボートに誘う。

池や湖の上で、映り変わる景色を見ながら、涼むのも良い一時です。

シングルスカルを漕ぎ慣れると、手漕ぎボートのグライディング(惰性)を旨く味わえば、手漕ぎボートも結構進む物です。ラップは10分位で、のんびりと!

漕いだ所
  • 田貫湖(静岡県富士宮市)映像
富士山、逆さ富士が拝める静な湖です。

  • 芦ノ湖(神奈川県箱根)映像
皆様ご存知の芦ノ湖です。箱根神社付近を漕ぎます。
  • 善福寺公園(東京都杉並区)映像
閑静な住宅街にある都民憩の公園です。
  • 榛名湖(群馬県榛名町)映像
群馬県の名山の一つ。カルデラ湖です。それなりに大きいです。
榛名湖、榛名富士の空撮 映像

次は何処に?

Over
1xer-novice 

2019年9月23日月曜日

【教本】小型船舶操縦士実技ダイジェスト

私が免許を取得したのは平成元年。
試験当時の記憶は全くない。あるとすれば、練習後の係留された漁船クラスの練習船でシミュレーションを繰り返して帰宅した事くらい。

1級だったので、海図と航海計算を荒波の中で実施したことは鮮明に記憶している。

今回、指導とはおこがましいが、モーターボート操縦を自習するKd氏に同乗するに当たっては、先輩面するには自分なりに勉強が必要と、教材をインターネットで探したら、良いのが見つかった。

アニメーションなので、余分な情報が無いのが更に良い。

この教本とは別に、実際、訓練中にやれること、やらせてはいけない事の判断も安全上大事である。これは勉強よりも実践からくる。

アニメーションですが、要領が明解です。是非ご参考に。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLJzSPiz18ZTMFFWsjw3vROC9Twbo_uVGM

特に着岸については、
十分余裕を持って桟橋に対し位置着けることが良いと再確認された。

ご参考に

ご安全に!

Over
1xer-novice

2019年9月22日日曜日

【日記・教程】宮ヶ瀬湖漕艇日記 今日もモーター

概要
2019.9.21土 曇り、無風、午前中

使命
シングルスカルの支援
Kd氏のモーターボート操縦慣熟

経緯
モーターボート免許取得の講習が間近のKd氏、本日は教程本を持参し、本腰を入れての用意で、私は支援も可と事前に連絡していたので、ご指名とあれば、で今日もモーターボートとなりました。

モーターボート操縦慣熟内容
主に操船

1.目標を定めての直進
2.目標を定めての変針
3.羅針盤の指示に従う変針
4.後進、操舵と船体の動きの慣熟
5.蛇行
6.着岸(カヌーポンツーンにて)
7,人命救助

慣熟評価

 1,モーターボートの操船慣熟訓練に有資格者として同乗するに当たっては、私も再勉強。その内容は実技試験要領、発声、合格評価基準です。何せ私の取得は平成元年。
 2.本日は生憎無風状態、人命救助はどの方向からも可。前回に比較して格段の上達がありました。ブイにタッチができる迄。了
3. 目標を定めての変針はアンダーシュートもオーバーシュートもありませんでした。了
4.羅針盤の方位指示による変針は、面舵と取り舵にまず慣れる。羅針盤の方位指示、大きくする場合は面舵(右に変針)、小さくする場合は取り舵(左に変針)を身体に身につける(注1)。北0を挟むとさあ、どうなるか?330から30度に変針、これは面舵、取り舵?
5.羅針盤の動きにも慣れる必要があります。表示が動いている場合は、当てにならない。応用動作としては、羅針盤だけに集中し過ぎず、変針方位の地形目標を設定する方法が実は良いでしょう。
6.着岸は岸壁に着けると不合格になるので要注意。岸壁との距離は1~2mでボートフックが届く範囲内が合格基準です。了
7.目標を定めての後進。了
8.全般に2日間の宮ヶ瀬湖、モーターボートの操縦慣熟で、Kd 氏は本番に備えて、大分余裕ができたものと実感しました。

シングルスカル支援後記
  1. 全般的に問題が在るとすれば、シングルスカルの良さにその原因がある。気儘に漕ぎ手の意志で漕ぐことができる。誰も僚友艇のことなど気にしない。私も実はそうですが?!
  2. 6艇もシングルスカルが出ると、帰り時は、先頭が北500ブイ、しんがりが南750mブイにまで広がる。1艇のモーターボートで1,250mに広がるシングルスカルを視認監視は困難に近い。
  3. 宮ヶ瀬湖遊覧船の引き波は大き過ぎてシングルスカルにとっては始末が悪い。陸で反射する波もなかなか消滅しない。お気をつけて!
  4. 米高女Jさんは初めての宮ヶ瀬湖単独漕航なので気にはしていて、注意をしていたが、帰投時は、ペンタ艦隊から大分先行したので、見失った。
  5. 遊覧船の動静に対しては、自分の目で確め、無線傍受可能な全艇に避難誘導を伝え、傍受できない艇には拡声器で呼び掛けた。
  6. 無線が発信された。この発信局にあなたの位置は?と尋ねたらまともな回答が来ない。無線は持っていても、正しい位置通報ができない。これは大いなる課題ですね。

動画

ピンボケの動画ですが、宜しかったらどうぞ!

ご安全に

Over 
1xer-novice

注1. 面舵と取り舵
    コンパス     十二支  
方位  000~360      子~酉 
旋回 
 右  指示 増  丑舵(子の右隣)おもかじ
 左  指示 減  酉舵(子の左隣)とりかじ