Shop

2018年9月23日日曜日

【安全】宮ヶ瀬湖でシングルスカル中、私は遊覧船をこうやって避けました

概要

宮ヶ瀬湖本湖で漕艇練習をする土曜日の午前中は定期遊覧船が時刻表通りに運行されると練習中の各艇は遊覧船と当然出合います。
私達の練習時には遊覧船は
  • 鳥居原往復
  • ダムサイト往復
  • 周回コース
以上、3つのコースが予定されています。

今回、周回コースの遊覧船と出合いました。その時私はこうやって、遊覧船を回避しました。

2018.9.22土曜日1050時頃、帰路の為、本湖、南250m ブイの東側をシングルスカルで北上中、本湖に進入する遊覧船を視認してから遊覧船を回避する迄の一連の動作をここにご紹介します。

詳報
  • ドックから出発し、南1,000mブイ迄南下しました。そこから3,800m離れた台船に向かう帰路の為、ブイ列に沿って、その東側を北上していました。
  • 南250mブイ付近で、1050時頃、周回コースの遊覧船が、本湖に進入するのを視認しました。(写真1)
  • このまま私が予定進路を維持すると当然、自艇は遊覧船の進路を妨げます。
  • そこで早い内に回避行動に入ります。ブイ列に沿った漕行の場合、出発した谷(写真で遠方に見える2つの谷の左側)がスターンの延長線上に見えるはず。さあ、どう見えますか?(写真2)
  • 自艇はブイ列の東側に沿って北上しておりましたが、ブイ列から離れ東岸に接近しました。
  • 遊覧船は南500mブイ付近でUターン、南下から北上に回頭いたします。(写真2)
  • 遊覧船はUターンを終え、いよいよ北上してこちらに接近して来ます。(写真3)
  • 東岸から30m付近の位置で遊覧船を視認できるように停船しました。
  • 本来ならば、岸に接近した場合は、岸をスターンに向けるべきなのでしょうが、今回は遊覧船が常時視認できる様にスターンを沖に向けました。
  • 安全な位置に退避したら、漕ぎを止めて、遊覧船に手で合図を送ります。(写真4)
  • その合図に対して、遊覧船から反応(レスポンス)があれば、安全は確保されたものと考えられます。
  • 今回は遊覧船のバウマンから手挨拶がありましたので、確実です。(写真4)
  • 遊覧船が過ぎ去る時の引き波に対しては、今回は艇を正対しました。シングルスカルはローリングに対して、バランスを保つのが難しい艇種です。(写真5)
  • 遊覧船が過ぎ去った後、帰還の為に漕ぎ始めました。その動画をご覧になると、何処まで岸に近寄って、待避していたかがお分かりになると思います。(動画2 )

  • 周回コース、本湖北水域にて、一旦ダムサイトに入った遊覧船が本湖に戻って来まして、また、追いかけられます。
  • 今回相当の距離がありましたので、カヌーコースの北側に逃げ込むことができましたが、それでも一時の停船のことを想定し、東岸に寄って漕行しました。
  • なお、周回コース、北限の遊覧船の動きを、確認しました。カヌーコースギリギリに北限のコースを航行していることが判ります。(動画3)

写真
1 遊覧船周回コースで本湖に進入発見

2. 遊覧船 南500mブイ付近でUターン開始

私は既に回避開始済み


ブイ列に沿って漕行すると、遠方の二つの谷の内、左側がスターンと一致します。東岸に寄る待避漕行しているので、その谷がスターンよりバウ(右舷)側に見えていることがお分かりでしょうか。

3. 遊覧船 いよいよ北上 自艇は岸に寄る

4.遊覧船に手で合図を送ると、遊覧船バウマンからも、
手合図が、両者の存在をお互いに確認できました。
5. 遊覧船の引き波が大きくスターン端は沈没するも
揚艇後に浸水ないことを確認できました。




動画


動画1

動画2

遊覧船 周回コース 本湖北水域での動き

動画3


注意!
  • 定期遊覧船ですが、操縦者は人間ですので、周回コースそのものがその時々で当然変わります。
  • 時刻、遊覧船の位置については多少誤差があります。乗客がいなければ運行も無いでしょう。そこは要注意です。
  • 漕艇者は臨機応変、適宜な対応をしましょう。
  • 早めの回避動作と遊覧船とのコミュニケーションが安全には大事です。
Over
1xer-novice

宮ヶ瀬湖漕艇日記 2018.9.22土 動画付

宮ヶ瀬湖漕艇日記2018.9.22土
概要
曇り、風無し、日照り無し、最高の漕艇日和
今日は宮ヶ瀬湖シングルスカルの日なので土曜日漕ぐ会参加。
今日を含めて今年は残り2回、シングルスカルの日。
漕艇距離 10キロ漕ぐ。

先々週、シートレールの支持梁、桁が破損しているのを発見、Sgwさんが修理をされた後の確認漕ぎの為、S2相馬を漕ぐ。

詳報
  • 朝0530時起床、昼食の弁当を用意する。これは7月から始めた習慣です。



  • 今日はシングルスカルの日ですが、宮ヶ瀬湖クラブのメンバーでは私とMrs.しか漕がない様で、 お二人は横浜ローイングクラブからの参加者です。I氏とK氏。宮ヶ瀬湖ボートクラブからのシングルスカル希望者が少ない為、お声が掛かったのでしょう。Mrs.と彼らは正面湖で練習。私一人、本湖へ。相変わらず私は独漕で誰も私を監視する人はいない。
  • 本日は洗車したいと言うので自動車で宮ヶ瀬湖に通う。
  • 久しぶりにKwk氏と話。共通の話題は「糖尿病」。私にとっては21日の検査結果から糖尿病の領域から脱した喜びを、誰かに伝えたかった。しかし、彼は血糖値が私の倍以上とか余り芳しくない様だ。挙げ句にボートを漕ぐ唯一の運動が億劫になっていると言うのは心配です。
  • 私の場合、この領域から脱した検査結果が果たして持続するものなのか、そして、その原因が毎平日110m登頂に依るものなのか、検証する必要がある。
  • さて、今日のお目当てはS2相馬の修理結果を確認させて頂くこと。我がクラブの貴重な船大工のSgwr氏が修理されたシートレール支持梁と桁、今日目一杯漕いで、確認させて頂くことです。蝶ネジが縦横材に当たるため、別の位置に穴明を行い、何とか蝶ネジ付けて準備万端。
  • 別の修理箇所、スターン側のキャンバスのしたの縦通材の外れ損傷を発見したが、とりあえずこれで出港。
  • 今日はクォド3、ダブル2、シングルスカル4でした。
  • 先日は、この相馬S2の損傷で思い切り漕げませんでしたが、適切な修理のお陰で今日は思い切り漕げるのはありがたいです。
  • 本湖から戻る途中、周回コースを走る遊覧船と出合いました。遊覧船がやまびこ大橋をくぐって南下するのを、私が北上するときに確認できましたので、余裕を持った待避行動がとれました。
  • 無事に10キロ程を完漕ぎしました。

  • 昼食
    • Krd氏に紹介されて入られたT氏、職場の先輩、後輩の間柄だそうです。ボートを始められたのも健康診断結果から、とのこと。その意味では私が始めた動機と似通ったところがあり、ボートの効能について、一席を述べさせて貰いました。
    • たまたま米海軍横須賀基地の話をしましたところ、同氏もご興味がある様で、空母の話とかKwk氏を含めて話が咲きました。
    動画

    https://www.youtube.com/playlist?list=PLtzHMR20dtlB3Z3QGUgxq-iFA7EaKhSr4



    記録






    Over
    1xer-novice

    2018年9月17日月曜日

    シングルスカラー 芦ノ湖で漕ぐ

    9月の3連休の中日、日曜日。
    箱根、芦ノ湖に行きました。
    手漕ぎのボートを借りたかったかのですが、そちらは16時ま迄のこと。
    青梅を14時頃出たため、芦ノ湖畔に着いたのは16時頃。
    スワンボートを漕ぎました。
    これですと夫婦二人共同作業で漕げますので楽です。

    スワンボートもシングルスカルも足漕ぎボートであることは同じ。

    箱根に行ったらあなたも是非、

    芦ノ湖を漕いで見てください。

    https://www.youtube.com/playlist?list=PLtzHMR20dtlB2QdUx0QrbgRFkAEV6nZDZ

    Over
    1xer-novice

    2018年9月8日土曜日

    宮ヶ瀬湖漕艇日記 2018.9.8土 シングルスカルを謳歌

    概要

    2018.9.8土 宮ヶ瀬湖 離岸、着岸時刻不明 但し 午前中 
    天候 曇り時々雨 風も安定せず強かったり弱かったり
    水位 275m (洪水期の貯水率としてはほぼ100%)
    漕艇距離 北750mブイで戻りなので4km程度か
    艇 S2相馬に乗る。乗艇直後からシートが往復する度に大きな軋み音
    早々に上陸して艇をSgu氏に見て頂くことにした。

    詳報
    • 本日はシングルスカルの日、そして、本日からは、お客様との艇の奪い合いはなく純粋クラブ員だけでシングルスカル全艇を使用することができる。何と嬉しいことだろうか。希望すればほとんど乗艇可能は本来の姿。そんなんで、本日はシングルスカルに私他、5人の方が宮ヶ瀬湖を漕いだのでした。Mr&Mrs、Fjk、Krd、Kgc各位。モーターボートはYb氏にお世話になりました。
    • 本日は家族が車を使用するとのこと。ちょっと朝焼けポカったがスクータで出かける。ところがである。最後の行程である交差点「関」から宮ヶ瀬湖に向かう道中、路面が所々濡れている。ヤバい。スクータはスリップ要注意。
    • 実は天気予報では関東エリアの山地域は雨が降ると言っていたが、まさに宮ヶ瀬湖は湖面が標高270m、立派な山地域なので今日は雨が降るのでしょう。
    • 今日はクォド2艇、ダブル1艇、シングルスカル6艇。
    • 当初本湖、南1,000mブイ迄到達するつもりで出たが、風、波強く、北750mブイ当たりで撤退を余儀なくされた。
    • Fjk氏曰く、風で漕いでも進めなかったとか。
    • 出艇時、Mrs氏が台船近くで沈をした。私は離岸も着岸も最初教わった通りの事しかできないが、なかなかそこから外れる応用編は難しく、そういう意味では、固執するひとつの方法をまずマスターすべきだと思った。バカの一つ覚えを確実にできる様、自ら環境を作ることが実は大事です。
    • 我が艇S2は8/11に乗艇した艇で、私は何も異常はその時は気付きませんでした。ところが今朝乗艇するとシート・レール部分から音がでる。降艇してみるスタボー側のシートレールを支える梁が前端から3cm程欠損していて、桁も変形していた。
    • 乗艇前に気付かなきゃ良けないよね。
    • そんなんで、早々と艇を揚げ、Sgu氏に修理のお願いをしました。しかし、考えると私より以前に乗艇した方、この状況を気付きにならなかったのでしょうか?
    • しかしながら、乗艇料の未徴収問題は何時もながら、辟易する。今日もシングルスカル1艇分の不足があったようだ。入れても出す人がいるのでは?だって皆さん署名をしているのに料金を入れないってある?私なんかはその為にお店に無理言って、千円札をコイン2枚に両替して貰っている。釣り銭無しでは精算完了しないので。
    • 昼食会の時、先日直前でキャンセルになった漕艇場めぐり、帰路のバス車中で飲む筈だった代物の処分セールがあった。ジョニ赤をMth氏から買った。1,130円だった。ジョニ赤、こんな値段になったんですね。円高の所為?こんな時でもなければジョニ赤を買う機会も無いので、購入いたしました。
    • 水位が低くなって台船が相当下に下がったが、でも満水から10m低くなった程度。全部で11艇を湖に卸す。何度ともなくスロープを往復したが、結構、皆様に比べると、何無くサッサト上がれる。これも毎日階段110m登りの成果かな。
    • シングルスカルを漕がせて頂き、有り難うございました。又、宜しくお願いします。
    動画の紹介


    Over
    1xer-novice

    2018年9月4日火曜日

    米海軍台風21号情報 2018.09.04. 0700JST

    台風21号の情報を米海軍から調べました。
    以下です。

    http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2518.gif

    米海軍の情報は米海軍の艦船に適切な情報を提供する為のもので、降水量については不足気味ですが、風については良く把握できます。

    34kt  17m/s
    50kt  25
    64kt  32
    です

    日付と時刻はZが付いてます。
    世界標準時なので、日本標準時になおして参照下さい。

    Over
    1xer-novice

    2018年9月3日月曜日

    相模湖漕艇日記 2018.09.01土 相模湖学級5年生進級

    概要

    2018.09.01土 相模湖 シングルスカル 漕艇距離 9km
    天候 曇りのち晴れ 無風 湖面 多少汚れが在るものの掃除済み
    離岸 0730 コース入り 0740 コース出 0845 着岸 0855
    今日から相模湖学級 5年生に進級しました。

    相模湖シングルスカル初漕ぎは2014.8.31 当時、相模湖漕艇場長佐々木敬治様より相模湖漕艇場のシングルスカル使用許可を頂きました。今日で丸4年が経ち5年目の新しい年を迎えました。
    競漕ぐに拘る人はそれなりに、競漕に拘らないの人にもそれなりに、好いスポーツです。何時までも続けたいですね。

    詳報

    • 宮ヶ瀬湖では、シングルスカルに第2,4週しか乗艇できないため、本日は相模湖で漕ぐ。宮ヶ瀬湖は本日は、お客様がシングルスカルを漕ぐ日、果たして何人が、そしてモーターボートはお客様が責任を持って…?
    • 早朝5時に起床すると、降水はないものの南の空に掛かる雲が赤い。これは雨かな。とまず、交通手段を考える。スクータは止めよう。自動車にしよう。朝焼けは天候悪化の兆候ですから。
    • 何時もの様に当日支度の為、出発時刻は0600時を回る。
    • やはり途中は降雨があり、スクータでなくて良かった。帰路は全く降水はなかったが。
    • 今朝は順調に早朝出勤の甲斐があり、個人としては最初に湖に出ることが出来た。先週の押し問答は、本当に時間の無駄でした。
    • 今朝は山梨県の学生さんが早朝に練習を始められていた。彼らの本拠地である河口湖はレガッタ開催の為、練習ができないからだそうだ。
    • 駐車場に到着すると、個人のT氏が私と同時に駐車場に入った。彼が駐車場を開け、私が閉める係になる。
    • その内、Ikd氏とOgc氏が女性のお連れ様と一緒に来場された。感じからするとOgc氏とこの女性はW2Xの新たなるペア。Ogcがバウを務められていたので、ほぼ私と同時期にボートを始めたOgc氏が指導する立場に迄達せられたのには敬意を表する。
    • Ikd氏に挨拶をする。
    • 当方は何時も様に漫漕である。
    • 1,250mの2玉ブイにブレードを衝突させた。やはり、後方確認鏡もポート側片側にしかないので、反対側スタボー側は弱い。
    • イヤー今日も気持ち良く漕げました。
    • しかし、丸4年間もシングルスカルを漕いでいて、3年間も漕いでいない高校生に差をつけられる。やはり還暦漕艇入門者の宿命です。60過ぎて、生まれ替わった頃から漕艇始めたのでは、体力も相当落ちていますし、仕方ないことです。
    • でも、シングルスカル、続けることが出来るだけでも、幸福、満足。
    2,000m一漕ぎし、0ブイで。汗だく!
    0ブイから漕いで来た方向を望む
    今朝の航跡
    今朝の運動量
    今朝の相模湖は漕艇日和、気象・湖象

    何時もより一寸高いストロークレート


    Over
    1xer-novice

    2018年8月31日金曜日

    早大漕艇部本栖湖合宿 ツイッターより

    本栖湖、時々私も訪れるのですが、
    流石に早大漕艇部、ここで合宿は最高でしたね。
    私もここを訪れる度に、漕ぎたい(漫漕)と思うのです。

    以下、ご覧ください。

    https://twitter.com/wasedarowing/status/1033318905454837760?s=19

    Over
    1xer-novice